様々な無線機を紹介

ワイヤレスの画像

通話ができるだけが利点ではない無線機の世界

通話といえば、携帯電話が広く普及したといえるでしょう。
しかし、無線を導入するということには大きなメリットが存在し、
携帯電話と同様に通話ができるだけではないのです。

無線のメリット

無線のメリットを考えていくと、
携帯電話ではなしえないほどの恩恵があります。

その中の一つとして、経済性があるでしょう。
携帯電話では、通話料が発生しますが、無線では通話料がかかりません。
頻繁に使用するようなことになっても、一切かからないのですから、
経済性の恩恵はかなりのものになるのです。

一斉通話も同様で、一人一人相手ではなく、
一回で複数の人に連絡をすることができるため、時間を節約することができます。
さらに、意思の疎通もしやすくなり、情報を共有することができるため、
状況によって大きなメリットとなってくるのです。

様々な場所で活躍する無線機

無線機は手軽に使え、費用も低額に抑えられるため、各所で使われています。
警備などでは、情報の共有がしやすく、大人数で使うことができるため、なくてはならないものです。

イベント会場も同様で、導入するためのイニシャルコストはかかるものの、
ランニングコストを抑えることができるため、有効に使うことができるでしょう。
パチンコ店のように喧騒の中でも情報を確実に共有させるために有効ですし、
タクシー業界のように効率的車両管理にも有効に働きます。

今の産業の中では、情報共有だけではなく、効率化を図っていくためにも
なくてはならないものの一つとして活躍しているといえるでしょう。

各業種による活用方法に関しては、下記のサイトを参考にして記事を書きました。
参考:業種別におすすめのインカム、無線機、トランシーバーを提案 | エクセリ

使用する注意点

無線機を使う場合には、無線従事者といった資格や無線局免許が必要になります。
代わりに登録局に申請をすることで、デジタル無線機を使えるようにもなりました。
こういった方法を通して使用をしていかなければ、電波法違反となり処罰されることも出てきます。

ただし、特定小電力トランシーバーであれば不要となっていますが、
海外のものなどを輸入して使う場合には、日本の規格とは違う場合もありますので、
確認したのちの使用が重要となるでしょう。

無線機メーカー紹介

いろいろなメーカーから発売されており、手に入れやすいものもかなり多くなりました。
特定小電力トランシーバーなどは、操作も簡単で誰でも扱えますし、
登録局対応型を探すことで、簡単に使えるようにすることもできます。

大手メーカーであれば、そういった心配も少なくて済みますので、
迷った時にはサイトに上げているようなところを考えてみるといいでしょう。

>>無線のメリット >>様々な場所で活躍する無線機
>>使用する注意点 >>無線機メーカー紹介