日本航空専門学校

航空業界のプロを育てる、日本航空専門学校

航空業界のプロを育てる数少ない学校の1つとして知られて居るのが、日本航空専門学校です。
航空整備科、空港技術科、国際航空ビジネス科の三学科を設け、いずれも、航空会社、航空関連の企業におけるプロフェッショナルの人材育成を行います。
学科によって修了年数が異なりますが、基本的には三年制を設けており、いずれの学科でも、プロとして使うことが出来る技術、知識を学ぶことが出来るのです。

航空整備課では、航空機本体の整備や、航空関連機の開発などを行う人材を育成していきます。
整備に関しての基本的知識を学ぶことはもちろん、全国で唯一、基本技術Ⅱの高難易度な整備士レベルの資格取得を、在学中に行なう事が出来ることも1つの特徴です。
JALやANA友提携し、インターンシップを積極的に行なう事で、現場でしか得られない学びを得ていることも1つの特長になります。

空港技術科では、グランドハンドリング業務の実務研修を初め、航空特殊無線技士や、第二級陸上特殊無線技士などの、航空に関する重要資格を取得が可能です。
また業務の特性上、大型特殊自動車運転免許やけん引自動車運転免許を初めとした、車両に関しての免許取得、技術習得をすることも出来るでしょう。
グランドハンドラーになった際に、現場において活用する機会が多い資格ばかりですので、そういった資格が在学中に取得可能というのは、非常に大きなメリットです。

国際航空ビジネス科では、客室乗務員に必要な、航空ビジネスにおける基本的スキル、ホスピタリティを身につけることが出来ます。
客室乗務員に欠かすことが出来ない、ネイティブによる語学授業をはじめ、希望に応じて英語圏への留学コースも設置されていますので、より現場で使うことが出来る語学を学べるでしょう。
また他学校に比べると圧倒的な数値、就職内定率100パーセントを誇る実績を持つ学科ですので、より安定した就職率を求める方にも、ピッタリの学科です。

男女問わずに非常に優れた知識と技術を持つ、日本航空専門学校

日本航空専門学校ではこのように、それぞれの学科において、それぞれの道のプロフェッショナルの人材育成を積極的に行っています。
いずれの学科においても、男女問わずに非常に活力に溢れ、教員と生徒のコミュニケーションも、丁寧に行われていることが特長です。

ビジネスにおける基本的な部分はもちろん、現場で使うことが出来る技術と知識を身につけることが出来る、非常に貴重な学校として知られています。
より現場経験を積みたいという方、より取得資格を増やしたいという技術職志望の方には、日本航空専門学校は、特におすすめの大学です。