諏訪東京理科大学

諏訪東京理科大学で学べるもの

長野県茅野市豊平にある諏訪東京理科大学は標高900mにあります。
国内の大学の中では一番高い標高の地域に存在する大学として有名です。
大学名のとおり、理学の普及を目指す大学であり、長野県、諏訪地域にある6つの市町村と地元産業界からの強い要請と協力を受けて設立された学校です。

主体性の確立した人材育成、地域の生涯学習と地元企業の技術力、さらに経営力の向上に貢献していける人材を育てることがこの大学の基本理念です。
教育理念としてうたわれている実力重視の教育の実施は、カリキュラムの中にもしっかり活かされており、資格取得に関しても積極的な大学です。

諏訪東京理科大学で取得できる無線従事者資格

諏訪東京理科大学では積極的に資格取得をバックアップしています。
無線従事者の資格に関しては大学在学中に必要な科目を履修し単位を取得し、卒業後、申請を行えば、科目認定校なので国家試験なしで資格が取得できます。

取得できる資格は第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士です。
第一級陸上特殊無線技士については、平成23年末の時点ですでに185名の実績があり、第三級海上特殊無線技士に関しては215名もの実績があります。

無線従事者資格に関連するコンピューターメディア工学科

諏訪東京理科大学で無線従事者資格を取得できる科は、コンピューターメディア工学科です。
その中の通信・ネットワーク分野では通信工学1・2、移動体通信ネットワーク、無線通信工学持論、電波システム工学、電波法、コンピューターネットワーク、情報セキュリティ、ゼミ研究1・ 2などの科目を学び、無線従事者の第一級陸上特殊無線技士、また第三級海上特殊無線技士の資格取得ができます。

このコースの中で第一級陸上特殊無線技士、また第三級海上特殊無線技士に必要な履修科目を学び、単位を取得、さらに卒業することで、国家試験を受けることなく資格を取得できます。
無線通信のほか、このコンピューターメディア工学科では通信ネットワーク、マルチメディア信号処理、コンピュータグラフィックス、ユーザビリティ、コンピューターGUI、暗号・セキュリティ、メディア創成、医用工学・福祉工学などを学ぶことができます。

無線従事者資格とともにそのほか資格も取得を視野に

無線従事者資格を取得できるとともに、電気通信主任技術者試験や工事担任者試験、情報処理技術者試験、Microsoft Technology Associateなどの資格取得支援も行っている大学です。

第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士の資格を取得し、そのほかの資格を取得するまた履修しておくことで、就職の際にも有利になります。
学生時代こそ、資格をしっかり取得できる時間があります。
せっかく大学にいながら取得できる資格ですから、とれるものはしっかり取得しておきましょう。