無線のメリット

無線メリットの画像

無線といえば、携帯電話と比較されがちですが、かなり大きなメリットを持っています。
特に企業といった集団として使用する場合には、限りなく大きなメリットを持っているといっていいでしょう。

一斉通話ができることによるメリット

無線を使うことで、一斉通話が可能です。
携帯電話でもグループ通話等がありますが、無線であれば余計な設定などもいりません。

これが企業にもたらすメリットは、情報の共有でしょう。
一つの通話で必要な人間に情報伝達できるため、時間のロスを最小限に抑えるとともに、
業務の効率化を図ることができます。

瞬時につながることも、一斉通話と同様に大きなメリットになるでしょう。
携帯電話のように通話をとろうとしなくても情報を得ることができ、瞬間的につなげることができます。
手が空かないからといって、重要な情報を聞きのがすこともありませんので、
情報のロスを起こすことなく、共有化が実現できるのです。

高い経済性をもっている

携帯電話の場合、どんなに安くなったからといっても、通話には費用が発生します。
導入に関しても、イニシャルコストが発生しますので、ランニングコストともに大きな重荷になるでしょう。

ところが無線の場合には、通話料がかかりません。
条件によっては定額が必要になりますが、このランニングコストは携帯電話に比べ
驚くほど低く抑えることができるのです。

イニシャルコストに関しても、価格が上がってきている
スマートフォンと比べ、そこまで大きな差があるわけでもありません。
そのため、通話人数が多くなればなるほど、経済性の恩恵を受けるといっていいでしょう。

運転中も使えるリアルタイム性のメリット

運転中で使える点も、業務使用を考えると重要になるでしょう。
車載型の無線機を使うことで、運転中にも使用することができるようになります。
携帯電話の使用は、道路交通法違反ですので、リアルタイム性ということで大きな差が付くでしょう。

さらに、交通違反抑制を推進するということで、大きな意味も持ちます。
企業イメージを変えることもできますので、対外的にも利用価値が高いものだといえるでしょう。

災害時のリスクにも強い無線

災害時に強いということも重要です。
震災時に固定電話や携帯電話が混線し、通話規制がかかったことは
記憶に新しいところでしょう。無線であれば、そういった規制もありません。

緊急的な状況であっても、通話することが可能ですので、大きなリスクヘッジとなります。
リスクを抱えたときに、情報の共有に利用することができるため、
リスクを拡大させずに済ますことができます。

こういった大きなメリットがあるからこそ、
無線は企業にとって必要なツールであるといえるのです。