選び方

トランシーバーは大きさで選ぶ

トランシーバーの選び方は人それぞれではありますが、実際に手で持った時、しっくりくるものを選ぶのが最も良いとも言えます。
とは言え、通販サイトなどで購入する場合にはそうもいかないのが実状ですよね。
そのため、まずはサイズから選ぶ方法についてご紹介していきたいと思います。

トランシーバーのサイズは非常に幅広く展開されていて、実際さまざまな商品が発売されていることに驚かれる方も多いです。
多少落としても大丈夫な耐久性が非常に高いものから、女性の手のひらでも余るくらいのポケットサイズの大きさのものまでさまざまなタイプがあります。
長時間使用しても疲れないようなものを選ぶのもベストです。

色で選ぶ方法

次にトランシーバーの色から選ぶという方法をご紹介いたします。
基本的な色と言えば黒ですが、どうせ使用するなら違うカラーバリエーションも選んでみてもよいかもしれません。
安全性を高めるため、赤や黄色といった色を選んでいる会社も少なくありません。

ウインタースポーツを楽しむ際には、着用するウェアとおそろいの色を選んでみたり、そもそものファッション要素として少し明るめのカラーを選ぶという人も多いです。
オシャレという分野においても、自分好みのアイテムを選ぶのがやっぱり一番ですよね。
たかがトランシーバーと侮るなかれ、今では購入者の気持ちを考えたグッズが数多く展開がされているのです。

使用する場所から選ぶ

トランシーバーは使用する場所はある程度限られています。
どんなところで使うのか、何故使用するのかを明確に考えて購入すると、自然にどんなタイプを選べばいいのかが分かってきます。
購入したあと、実は電波の関係で使えなかった、ということが無いように性能に関しては購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

ほとんどの商品で使用不可な場所について裏面の説明書きにしっかりと記載されていますので、必ずどんな場所で使われるのを想定した商品なのか、裏面の細かな説明書きにも目を通しておきましょう。
値段などについつい目が行きがちではありますが、しっかりと注意点を把握しておくのが購入後に後悔しないためのコツです。

特に障害物が多い場所などでは、使用できない可能性も高いので気をつけましょう。

通信距離から選ぶ

通信距離に関してもトランシーバー選びには重要なポイントと言えます。
商品によっては短い距離から、かなり通り場所まで使用できるものまでさまざまなタイプがあります。

内容に比例して値段も高くなるものの、商品選びとしては最も注目したい点です。
トランシーバーの通信距離は、電波を受信できる強さによって異なります。

障害物は勿論の事、何らかの理由で電波を邪魔しているような場所だと、商品に記載されている距離より短くなる場合もあります。
特にビルや高い建物などがある場所では要注意です。