無線機メーカー紹介

無線機の画像

無線機のメーカーの中でも有名なところは

業務使用も含め、無線は便利なものであることは間違いありません。
資格不用で使える特定小電力トランシーバーなどであれば、
個人的にレジャー等で使うことも含め、利用範囲はかなりのものになります。
様々なメーカーから発売されていますが、その中でも有名どころのものは信頼性も
高く安心して使うことができるといえるでしょう。

海外でも有名なトップメーカーであるアイコム株式会社

アイコム株式会社は、元々は井上電気製作所と呼ばれていました。
日本のメーカーの中でも老舗であり、かなりの人気があります。
無線業界以外でもかなり有名な企業であり、草分け的な存在であるといえるでしょう。

コンパクトなものから、ハイスペックなものまで様々なものを製作販売しています。
特にアマチュア無線向けの高価な機器も販売していることでも有名で、
海外向けの製品も制作しています。

海外でも有名な企業であることから、売り上げ構成比を見てみると、
北米のほうが日本よりも高く、日本に次いでヨーロッパが多くなっているのです。

小型無線機ということで考えれば、日本で最も勢いのある企業であるといえますし、
有名な企業であるといっていいでしょう。

独特なデザインを持つKENWOOD

春日無線電機商会として設立されたKENWOODは、
ラジオの部品製造から大きくなった会社です。

オーディオメーカーとしても知られていますが、
無線機に関しても日本の三大メーカーの一つとして知られています。
携帯電話なども作っていましたが、現在は撤退しており、通信機器としては
無線機器が中心となっているのです。

見た目にも優れていると評価されるのがKENWOODの特徴で、
携帯するにしてもかなり独特なデザインになっているといえるでしょう。
好みがわかれるところではありますが、一つのアピールポイントであることは間違いありません。

アメリカの巨大メーカーであるモトローラソリューションズ

現在シカゴに本社がある通信事業者が、モトローラソリューションズです。

企業向けの無線通信機器などを製作している会社で、データ収集システムも販売しています。
政府向けの製品も扱っており、データ通信でもかなりの影響力を持っているといえるでしょう。

海外メーカーであるということで、日本の使用に関しては規格にあったものを使用しなければいけません。
オークション等で簡単に手に入ることもありますが、出力は周波数によっては電波法に違反する可能性がありますので、注意しなければいけないといえるでしょう。

海外製のものは、日本の電波法にあっていないこともあるため、
技術基準適合証を確認する必要があります。

かなり安価で手に入ることもありますが、
リスクがあることも考え購入を考えなければいけないでしょう。

>>アイコム株式会社 >>KENWOOD
>>モトローラソリューションズ