関西テレビ電気専門学校

電気とメディアのスペシャリストを養成

数多くある専門学校の中でも、アットホームな雰囲気と、電気とメディアに関する知識やスキルの習得を効率よく学べる学校が関西テレビ電気専門学校です。
関西テレビ電気専門学校は、3つの学科で構成されており、放送電子科・電気テレビ科・電子研究科となっています。
これらの学科では、社会人として必要な知識だけではなく、即戦力として通用するスキルなども学習することができるようにプログラムが組まれています。

放送電子科では放送通信業界で活躍できる人材育成を行っており、電気や電子の基礎から学ぶことができるように、プログラムが組まれています。
放送業界で働きたい学生にとっては魅力となる学科ですが、電気通信関係の国家資格も取得できるため、就職を有利に進めていきたい学生にとってもメリットが感じられる学科といえるでしょう。
この学科では豊富な実習によって単に座学だけではなく、スキルを実習によって効率よく学んでいくことができます。
またプロ仕様の機器が揃っており、即戦力になれる人材育成のための環境が整っています。

電気テレビ科は電気技術者を養成する学科となっており、最近のデジタル放送技術といったものも含めて習得していきます。
そのため、電気・家電・電子・通信・映像などに携わる仕事に就くことができます。
また電気に関する国家資格も習得できるため、就職を意識した学習を効率よく行っていくことができます。
さらに学習を効率的に行っていくことができるように、設備や環境が充実しており、最新の機器などを使用することができます。

電子研究科は柔軟に様々な分野を学習できる点が魅力となっています。
特に放送通信業界・IT関連・建築関連といった3つの分野に関して学習を行っていくことができます。
様々な分野のエキスパートとして活躍できるように、最新の設備が整っており、社会人になっても即戦力として通用できるように配慮されています。

資格取得や就職も安心

関西テレビ電気専門学校では、即戦力として通用するような人材育成に力を注いでいますが、注目したいのは就職に役立つ資格が多く取得できるという点です。
第一級陸上特殊無線技士の短期養成課程に関して認定を受けているのは、近畿総合通信局管内では関西テレビ電気専門学校のみとなっています。
校内認定講習を修了すれば国家資格が得られます。

また第二種電気工事士、第一級陸上特殊無線技士、工事担任者DD三種の資格も取得することができます。
さらに第一級 総合無線通信士、電気通信主任技術者といった資格を取得することができるため、就職を有利に進めていくことが確実にできます。
就職先としては放送通信業界、電気関係の企業といったところが中心となっています。