東京電子専門学校

様々な分野に巣立つ学生を応援

専門的なスキルを身に着けて、即戦力として役立つ人材を育成する期間として専門学校が人気ですが、様々な分野を専門学校では学ぶことになります。
数多く存在している専門学校の中でも医療や電気の分野といった、様々な職種で働く人材を育成しているのが東京電子専門学校です。
東京都豊島区池袋という交通のアクセスがとてもよく、ショッピングなど刺激を感じられる素敵なエリアに建っている学校です。

東京電子専門学校ではいろんな学科が設けられています。
医療系については、診療放射線学科・臨床工学科・臨床検査科といったものがあります。
情報処理に関しては情報処理科・ウェブメディア科・高度情報システム科・セキュリティネットワーク科があります。
さらに電子技術科・電気工学科といった電気分野を学ぶ学科があります。
このように様々な分野で役立つ人材育成のための学科が設けられています。

それぞれの学科では就職を意識して必要なスキルや知識の習得を効率よくできるように設備が充実しています。
エンジニアや教授陣もプロが多く、専門的な技術を直接プロから学ぶことができる点は大きな魅力でしょう。
また国家資格など、就職に有利となる資格取得を目指すための授業を展開しています。
そのため、日々の授業を受けることによって、資格取得のための知識を自然と学習することが可能です。

東京電子専門学校は72年という長い歴史を持っており、これまでに数多くの人材を社会に輩出してきました。
そのため、これまでのノウハウを生かし、学生に十分な知識を習得させることができます。
歴史の浅い専門学校とは一線を画していると言えるでしょう。

取得できる資格や就職先

専門学校選びでは取得できる資格が選択のポイントになりますが、東京電子専門学校では様々な資格を取得することができます。
特に資格として重要度が高い国家資格は複数取得することができ、就職に有利なように配慮がなされています。
医療系で取得できる資格としては診療放射線技師、臨床工学技士、臨床検査技師などがあります。
そのため病院などで即戦力として活躍することが可能です。

電気系の資格としては電気主任技術者、無線従事者、特殊無線技士などがあり、これらはすべて国家資格となっています。
さらに情報処理系についてはより取得できる資格は多くあります。
例えば基本情報技術者試験、ITパスポート、ITサービスマネージャ、データベーススペシャリストなどがあります。

就職先としては、医療系では病院がメインとなっています。
また医療系の大学、がんセンターといったところも主な就職先です。
コンピューター系の学習をした学生の就職先は情報系の会社や企業、旅行会社、セキュリティ会社など、幅広い業界に進出しています。